乾燥肌は、肌トラブルと肌老化の原因!保湿化粧品を使いましょう

肌を乾燥させてしまう事は、様々な肌老化の原因を作ってしまうと言っても過言ではありません。
と言っても、正しく乾燥させない肌つくりって、一体何なのか、難しい事でもありますよね。

1番のケアは、肌の土台をしっかり潤わせて、肌の奥から潤う肌にする事です。
肌の表面だけ潤わせる事は意外と簡単ですが、表面だけ潤わせても、時間が経つにつれてすぐに乾燥肌に戻ってしまいます。
土台からしっかりと潤いに満ち溢れさせる事で、表面を潤すだけでしっかりと肌全体が潤うようになります。
肌が潤いに満ちると、健康な肌になっていき、肌老化になりづらい肌にする事が出来ます。

年齢を増す毎に、肌は自力で潤う事が出来なくなってしまいます。
自力で潤わせる事が出来ないのであれば、保湿化粧品を効率よく使って、肌に水分を与えてあげましょう。


肌をしっかり潤わせる為には、水分タップリの角質作り

肌は1枚だけじゃなく、実は何層にも分かれていて積み重なっている事、ご存じでしたか。
その何層にも分かれている中の、1番上の層で、外界と直接接している層、それが俗に言う角質層です。
角質層の役割は、外的刺激や細菌から肌を守ってくれます。
そして大事なのが、肌の潤いを保ってくれるという大きな役目です。

角質層の厚さは、1/2000㎜しかない、とても薄い層です。
そのとても薄い層に、約15~40%の水分を含んでいます。
この角質層に、タップリの水分を含んだ状態が、肌が潤った状態といいます。
乾燥肌の方は、この部分に水分が少ないという事になります。

保湿化粧品を使い、角質層まで潤う肌を作り上げましょう。

肌が間違いなく潤う成分を含んだ、保湿化粧品を選びましょう

潤い肌を目指す為に、保湿化粧品を使いましょう。
色んな成分がありますが、肌が間違いなく潤う成分を含んだ、保湿化粧品を選びましょう。

水分を包み込んで逃さない成分は、セラミド、スフィンゴ脂質、レシチンなどがあります。
これらは、肌の奥でしっかりと水分を取り込む力があり、これらが無いとあるとでは、物凄い差が出てしまいます。
これらが保湿の土台となり、肌を潤わせてくれます。

水分をたくさん含んで逃さない成分は、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどです。
肌に弾力を与え、イキイキとした肌にしてくれます。
肌が元気になるので、保湿の為には絶対必要な成分です。

油分で蓋をさせる作用がある物は、ツバキ油、ホホバ油、ミンクオイル、スクアランオイル、ワセリンなどです。
これらが水分の蒸発を防ぎ、肌に蓋をしてくれる重要な役目を担ってくれます。

これらを参考にし、肌がプルプルになる保湿化粧品を選んで使ってみましょう。